「えひめコロナお知らせネット」の活用について

図書館からのお知らせに戻る

掲載日:2020/07/21

◆◇◆「えひめコロナお知らせネット」とは◆◇◆

愛媛県独自の新型コロナウイルス接触確認システムで、施設等に掲示するQRコードを利用者の皆さんが読み取ることで、利用施設や参加したイベントなどで新型コロナウイルス感染者が発生した場合に、濃厚接触者となる可能性があることを通知するものです。

◆◇◆利用について◆◇◆

「えひめコロナお知らせネット」のご利用にはスマートフォンアプリ
「LINE」のアカウントが必要になります。

◆◇◆利用方法◆◇◆

1.愛媛県LINE公式アカウントを友だち追加しておきます。
(QRコード読み取り時に後から友だち追加することもできます。)
2.訪れた施設に掲示されたQRコードを読み取ります。

◆◇◆注意事項◆◇◆

1.QRコードは、施設ごとに異なります。
2.同じ施設であっても、利用するたびにQRコードを読み取ってください。
3.このシステムによって愛媛県が取得する情報は、利用施設、利用日時、LINEのアカウント名等で、利用者個人の住所や電話番号等が愛媛県に伝わることはありません。
4.通知が届いた方への感染を意味するのもではなく、症状の有無や接触度合い等を確認し、検査の必要性を判断するものです。
施設に掲示するQRコード(見本)

◆◇◆参考◆◇◆

◆「えひめコロナお知らせネット」について愛媛県のホームページ

◆「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」について厚生労働省のホームページ

併せて、厚生労働省の新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)をご利用いただくことで、濃厚接触者の早期把握とクラスター対策に有効ですので、アプリの併用にご協力をお願いいたします。


※「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標(第4075066号)です。

背景画像
ページトップへ