☆館長の我楽多講座☆

図書館トピックスに戻る

掲載日:2018/09/19

=今まで開催した我楽多講座を紹介しています=

日時:平成30年1月14日(日曜日)10時から11時30分
場所:新居浜市立別子銅山多目的ホール
内容:館長の”我楽多”講座 第1回 封印された『ブラックジャック』手塚先生!
ブラックジャックの全編読めません!
参加者:22名

我楽多1-1    我楽多1-2
Hello!NEW 新しい新居浜、はじめます。の企画として、新たな図書館講座を開催し
ました。
図書館をもっと多くの人に利用してもらいたい、資料を活用して欲しいということで、
始めた館長の”我楽多”講座。長年、個人で収集してきた資料の紹介と解説を行いました。
第1回は手塚治虫の作品を紹介。世界中で読まれている「ブラックジャック」ができる
までのエピソードや、全作品のうち単行本未収録の7話をみるには何を見ればいいのか、
といった話など。参加された人たちは、食い入るように聞いていました。
また講座終了後、未収録作品を直に見られたので、さらに楽しめたようです。


日時:平成30年3月11日(日曜日)10時から11時30分
場所:新居浜市立別子銅山多目的ホール
内容:館長の”我楽多”講座 第2回 全米ヒットチャートの歴史(そのゼロ)
1955年は、本当に「ロック元年」か?
参加者:12名
第2回⑦第2回⑬
図書館では、市民の多様なニーズに応えていくため「Hello NEW 新居浜」の
スローガンのもと、市民の皆さんと楽しめる講座を開催。
第2回目はビルボード全米チャートの楽曲紹介や、ロック史上に残る傑作を解説。
曲の由来や時代背景・その歴史なども盛り込み、数々の日本人アーティストにも影響
を与えた、時代を彩る演奏者を紹介。
参加者の方々も、隠れた名曲の話題などに興味深く聞き入っており、曲は耳にしたこ
とはあっても、タイトルや演奏者を知らないだけで、映画やCMで使用され、馴染み
の深いロックナンバーであることがとても新鮮で興味深い内容でした。
第2回⑤第2回⑮


日時:平成30年6月23日(土曜日)10時から11時30分
場所:新居浜市立別子銅山多目的ホール
内容:館長の”我楽多”講座・第3回「ビートルズという名の世界最高のコピーバンド」
参加者:18名
6.23講座③ 6.23講座①
図書館では、市民の多様なニーズに応えていくため「Hello NEW 新居浜」
のスローガンのもと、市民の皆さんと楽しめる講座を開催。
第3回目は、ビートルズが演奏した秀逸なカバーバージョン24曲を紹介し解説。
音楽的な発想力が豊かで、多様性と革新性を生み出した、個性ある天才4人。演奏者
の実力と歌い方ひとつでイメージが変わるセンスの程を知ることができ、ビートルズ
の音楽的なルーツを知るきっかけとなりました。
講座に参加されたビートルズ初心者にもビートルズフリークにも、堪能するには最適
な内容とひと時であったと思います。
6.23講座② 6.23講座⑨
6.23講座⑧ 6.23講座⑥


日時:平成30年7月28日(土曜日)10時から11時30分
場所:新居浜市立別子銅山多目的ホール
内容:館長の”我楽多”講座・第4回「週刊少年ジャンプ635万部の極み」
~「週刊少年ジャンプ」創刊50周年記念~
参加者:12名
第4回は、週刊少年ジャンプ創刊50周年記念として、創刊されたいきさつから、
現在に至るまでを、当時の編集長や漫画家の担当編集者との逸話も盛り込みなが
ら時系列に紹介。当時では珍しい新人発掘や、画期的なアイデアである読者アン
ケートを始め、現在でもそのスタンスを守り続けている。


日時:平成30年10月6日(土曜日)10時から11時30分
場所:新居浜市立別子銅山多目的ホール
内容:館長の”我楽多”講座・第5回「週刊少年チャンピオン黄金時代」
~チャンピオンがジャンプを超えた日・1997年1月~

参加者:8名
週刊少年チャンピオンが創刊されてから現在に至るまでの歴史を、作品と著者を
時系列に紹介し、週刊少年ジャンプとの発行部数をめぐる攻防を、エピソードを
交えながら話しました。


 

背景画像
ページトップへ